ブライセルは、皮膚の専門家が開発したメディカルコスメです

SSL グローバルサインのサイトシール 資料請求はこちら

よくあるご質問

インターネットで購入できますか?

ブライセルシリーズは医療機関でのみお買い求めいただけるスキンケア商品です。残念ながらインターネットでの購入はできません。またデパートやドラッグストアでも購入できません。(一部大学病院の近くの調剤薬局で購入できるところがございます)
お客様の肌トラブルによっては、スキンケアだけではなく適切な治療が必要な場合もございます。
肌の専門家であるドクターのカウンセリングを受けて、正しいスキンケア方法を行っていただき、輝きのある素肌美を手に入れていただきたいと考えています。
お近くの医療機関をご紹介させていただきますので、是非お問い合わせください。

pagetop

未開封であればどの程度保管できますか?

直射日光をさけ、常温で保管していただければ、3年は安心してお使いいただけます。
化粧品は、薬事法により「通常の保管条件下で3年以内に変質するもの」に対して使用期限の表示が義務づけられていますが、ブライセル製品はさまざまな安全性・安定性のテストに合格した製品です。そのため、使用期限は表示されていません。
ただし、これは正しく保管し、正しく使っていた場合のことで、保管状況によっては品質が変化する場合があります。

pagetop

開封後はどのくらいで使った方がいいですか?

配合成分のビタミン類の活性を考えると、3ヶ月程度で使い切っていただくのが理想的です。
3ヶ月を過ぎて、急に配合成分が変性してしまうことはありませんが、ビタミンなどの効果を考えると、なるべく新鮮なうちに使うことが望ましいです。
一度開封した製品の保管はお勧めできませんが、止むを得ない場合には、容器の口元を清潔にし、キャップをきちんとしめ、直射日光の当たる場所や極端に高温または冷温の場所を避けて保管してください。
再度開封した際に、色や匂いなどに明らかな異常がある場合には、品質の劣化が考えられますので、ご使用はお勧めできません。

pagetop

試供品はありますか?

無償でお配りする試供品はご用意しておりませんが、数週間分のトライアルサイズ製品がございます。
まずはトライアルサイズをお使いいただき、ご満足いただけましたら、レギュラーサイズをお使いください。

pagetop

パラベンは入っていますか?

パラベンは入っていませんが、フェノキシエタノールという防腐剤が入っています。(一部製品には無配合)
フェノキシエタノールは殺菌・防腐作用に優れ、幅広く利用されている安全性の高い防腐剤です。

pagetop

香料は入っていますか?

全製品、香料を一切配合しておりませんが、微かに原料臭を感じる製品もございます。 お肌に馴染みましたら、気にならなくなります。

pagetop

ブライセルとはどんな意味ですか?

ブライセルとは「Bright cell=輝く細胞」からできた造語です。肌の持つ機能をサポートしながら、様々な因子によって乱れた素肌環境を整え、「みずから輝きを放つ」理想の肌へと導くスキンケアを目指しています。

pagetop

インプレとはどんな意味ですか?

インプレとは「Impression=感動」の略語です。従来のビタミン配合製品とは一線を画し、浸透性や安定性に優れた最新の各種ビタミン原料を採用しています。お使いになられたユーザー様に感動していただきたいという願いから名づけました。

pagetop

インプレEローションやインプレCエッセンスを肌に塗ると泡立ちますが、洗浄成分等が入っているのでしょうか?

インプレEローションやインプレCエッセンスに配合されているビタミンE誘導体及びビタミンC誘導体は、水溶性・油溶性両方の性質を持っているため、界面活性的作用を持っております。
一般的に洗浄成分などに使われる界面活性剤とは異なりますので洗い流す必要もございません。
泡はすぐに消えますので、そのまま肌になじませてください。
容器の中で泡立つ場合もございますが、品質・性能等に何ら問題ございませんので安心してお使いください。

pagetop

インプレCエッセンスやインプレAクリームは黄色ですが、色素が入っているのでしょうか?

ブライセル製品には着色料(タール系色素)を配合しておりません。インプレCエッセンスには、もともと黄色い成分である「ビタミンB2(リボフラビン)」が配合されているため、少し黄色いエッセンスになっています。
また、インプレAクリームにも、もともと黄色い成分である「ビタミンA(レチノイン酸トコフェリル、レチノール)」が配合されているため、やはり少し黄色いクリームになっています。
いずれの成分もお肌にとって有用な整肌成分です。

pagetop

最近インプレAクリームを使い始めたのですが、塗ると少し赤みがでてしまいます。

多くの人が使って何ともない化粧品でも、人によっては肌に合わず、ひりひりしたり、赤くなったり、かゆみを感じたりすることがあります。また、使い慣れた化粧品でも、体質・体調の変化をはじめ、季節や環境の変化、心理状態などの影響で、急に肌に合わなくなることもあります。
刺激の原因は調べてみないとわかりませんが、もしかしたらビタミンAの刺激の可能性が考えられます。
ビタミンAは、インプレA クリームの主役となる整肌成分ですが、あいにく少し刺激がございます。初めてお使いになる方の中には稀に赤みやほてり感を感じたりする場合があります。
ビタミンAの刺激は、アレルギー反応ではないので、使用していくうちに慣れて落ち着いていきますので、決して怖いものではありません。
塗る量を減らしたり、頻度を抑えるなどして継続使用していくうちに、肌が慣れて落ち着いていきますのでご安心ください。
個人差がございますが、1~2週間で落ち着いていきます。
ビタミンAの刺激が苦手という方は、ビタミンAが配合されていないインプレP クリームをお使いください。
また、刺激についてご心配なときは、遠慮なくドクターもしくは当社までご相談ください。

pagetop

ビタミンAの刺激には、赤みやほてり感以外にどんなものがありますか?

少しかゆみが出たり、一時的にニキビが活発化したり、乾燥感を感じることもあります。
特に、冬場などの乾燥期に使い始める場合、乾燥感が強まりヒリヒリ感を感じることが多いです。

pagetop

ビタミンAの刺激が出た場合の対処法はありますか?

全ての方に適応する方法ではありませんが、以下のような方法をお勧めしています。
1.インプレEローションを通常より多めに塗布してたっぷりと保湿し、インプレAクリームはやや少なめに塗る。

2.刺激に慣れるまで インプレAクリームの使用頻度を抑える。
(インプレAクリームの使用を夜のみにする、あるいは1日おきにするなど)
インプレAクリームを休むときは、インプレPクリームを使用する。

3.乾燥が強まる場合は、インプレAクリームの後にインプレPクリームを重ねづけする。

4.インプレAクリームとインプレPクリームを手の甲などで混ぜ合わせ、マイルドなビタミンAクリームを作り、使用する。(例 1:1 の比率で混ぜ合わせるなど)。

刺激についてご心配なときは、遠慮なくドクターもしくは当社までご相談ください。

pagetop

メイクのノリが悪いような気がしますが。

メイク用品はクリームが肌になじんでからこすらないようにしてお使いください。 また、クリームをなるべくムラにならないように塗ることがポイントです。
塗る際に肌に伸ばすというよりは、上から押さえるようになじませる方が良いと思います。どうしてもメイク用品のノリが悪い場合は、お気に入りの下地クリームをインプレAクリームやインプレPクリームの後にお使いください。

pagetop

子供が化粧品を口に入れてしまったのですが、大丈夫でしょうか?

ブライセル製品の原料には安全性の高いものが使われていますので、たとえ誤って飲んだり食べたりしても、特に危険性はありません。
口の中に入っているものを出させてから濡れたガーゼでやさしく口の中を拭き、水ですすいでください。飲み込んでしまった場合には、水や牛乳などを飲ませて、薄めてください。
ただし、多量に飲んでしまった場合は早めにドクターの診察を受けてください。
日ごろから、化粧品はなるべく子供の手の届かないところに置くようにしてください。

pagetop

化粧品が目に入ってしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

目の粘膜は非常にデリケートですので、異物が入ると刺激を感じます。目に入ってしまったときは、慌ててこすったりせずに、すぐに水かぬるま湯で、まばたきをしながらよく洗い流してください。
洗い流しても、刺激や異物感が残る場合は眼科医などにご相談ください。

pagetop

紫外線防止剤は入っていますか?

残念ながらブライセル製品には日焼け止め成分が配合されておりませんので、リッシュブランシリーズの「リッシュブランUVクリーム」を併せてお使いいただくか、あるいはお手持ちの(お気に入りの)日焼け止めクリームやファンデーションなどで日中は紫外線対策を行ってください。